図書館より
お勧め図書
TOP>図書館より>お勧め図書 

 ☆おすすめ図書リスト

平成29年度 おすすめ図書リスト  

卒業生から在校生に、さまざまなジャンルからおすすめの本を紹介してもらいました。ぜひ読んでみてください。

書名 作者名 出版社 概要
ロマンティック世界遺産 パイ・インターナショナル 見ているだけで海外旅行気分。建物から自然まで世界中のステキな世界遺産がたくさん載っています。外国や美しい景色が好きな人におすすめです。
思い出のとき修理します 谷瑞恵 集英社 美容師の明里が、思い出の商店街で出会ったのは飯田時計店の主人秀司。二人は商店街で起こる不思議な出来事に巻き込まれていきます。
黒猫の遊歩あるいは美学講義 森晶麿 早川書房 二十四歳にして教授職についた天才「黒猫」と学生時代からの腐れ縁「付き人」が、美学に絡めて謎を解き明かしていく話。
告白 湊かなえ 双葉社 我が子を校内で亡くした中学の女性教師のホームルームでの告白から話は始まります。話の展開がわからず、ハラハラしながら読めておすすめです。
王とサーカス 米澤穂信 東京創元社 新聞社を辞めてネパールに滞在していた主人公太刀洗は、王族殺人事件に遭遇する。そんな矢先、取材をした相手が殺された。二つの事件に関連はあるのか。
儚い羊たちの祝宴 米澤穂信 新潮社 「ラスト一行の衝撃」にこだわった連作ミステリー。
さまよう刃 東野圭吾 角川書店 一人娘を殺された父親が、娘の復讐をする話。東野圭吾の作品はいろいろ読んだが、この作品が一番おすすめです。
イニシエーション・ラブ 乾くるみ 文藝春秋 1980年代後半を舞台にした恋愛ミステリー。
真夜中のパン屋さん 大沼紀子 ポプラ社 夜が深まる頃、暗闇に灯りをともすように「真夜中のパン屋さん」はオープンする。お店を訪れるお客さんとの交流を通して温かな気持ちになる小説です。
流星ワゴン 重松清 講談社 時を越えたカズとチュウさんの親子のきずなの物語。
ラブコメ今昔 有川浩 角川書店 六つの短編からなり、六組のラブストーリーとその中にちりばめられたコメディ要素でサクッと読める一冊です。
旅猫リポート 有川浩 文藝春秋 猫のナナと飼い主のサトルが、ナナの引き取り手を求め旅をする物語。猫が好きな人におすすめです。
屋上のウインドノーツ 額賀澪 文藝春秋 音楽によって挫折を経験し、成長する者たちの物語。
カラフル 森絵都 理論社 死んだ自分が抽選に当たったということで、他人の体にホームステイをして人生を再挑戦する話。話の展開が面白くてハマリます。
獣の奏者 上橋菜穂子 講談社 生き物について自然について考えさせられる作品です。
虹色ほたる 永遠の夏休み 川口雅幸 アルファポリス 夏休みに、1970年代の田舎の村にタイムスリップした少年と少女の物語。真っ直ぐに心に響いてきます。
まほろ駅前番外地 三浦しをん 文藝春秋 まほろ駅前で便利屋を経営している多田啓介と彼の元に転がり込んできた行天春彦の元に来る様々な依頼を解決していくヒューマンドラマ。色々な人間模様が依頼を通して見えてくるのが面白いです。
明治・妖モダン 畠中恵 朝日新聞出版 銀座の煉瓦街で起こる不思議な妖怪ミステリー。楽しく読めます。
清須会議 三谷幸喜 幻冬舎 織田信長の後継者を決める心理戦が始まった。現代語訳で書かれているので読みやすい。
オオカミ族の少年 ミシェル・ペイヴァー 評論社 『クロニクル千古の闇』シリーズの1巻。紀元前4000年の森、悪霊に父を殺された少年はオオカミのウルフとともに父との誓いを果たすために旅にでる。読みごたえのある長編小説です。