TOP>在校生・保護者の皆さん>保健室より 

保健室より

カウンセリングについて のページへ

 保健室では、みなさんの心と体の健康づくりを応援します。
 
  保健室は、仮設校舎 A棟1階にあります。
  図書室の隣、2年1組の向かいです。

 



 
  ● こんなとき、保健室を利用してください
 
  
● 感染症に関わる出席停止手続きについて
 
  
● 日本スポーツ振興センター手続きについて

  ● ほけんだより

* こんな時、保健室を利用してください なるべく休み時間に来室しましょう。

 ● ケガをしたとき
  できるのは応急手当のみになります。
  治療は医療機関または家庭で行ってください



  
 ● 頭痛、腹痛、気持ちが悪いなど、体調がすぐれないとき
  体調について話を聞くとともに体温・血圧等を測定し、対応します。
  なお、保健室は一時的に休養をするところです。休養は原則1時間です。
 ※ 保健室では、 飲み薬は使用していません。
   人によって副作用が出たり、アレルギー反応を起こしたりする危険性がある
   ためです。また、原因のわからない頭痛や腹痛の場合、薬によりその痛みを
   抑えることで重要な病気の発見の遅れにつながることがあります。
   普段から服用している薬がある場合は、各自で学校に持ってきてください。
 ● 健康・人間関係・自分自身・家庭・進路等、悩みを相談したいとき
  健康について気になることや知りたいことがあるとき、
  心配なことや相談 したいことがあるときは遠慮なく来室してください。


 ● 身長・体重・体脂肪・視力を測りたいとき
  休み時間・放課後にいつでもどうぞ。器具は丁寧に使用してくださいね☆
 

 ☆★☆ 保健室からのお願い
  ・保健室内での飲食・大声でのおしゃべりは控えましょう。
  ・保健室は一人では利用できません。養護教諭がいない場合には、学年の先生に声をかけてください。
  ・授業中に休養したり、処置を行った場合には「保健室連絡票」を渡します。
   教室に戻ったら、授業担当の先生に渡してください。

 ※保健室は、いろいろな人が利用するところです。
  ルールを守り、みんなが気持ちよく利用できるように
  協力してください。
 
 ▲トップへ


*感染症に関わる出席停止の手続きについて

学校感染症にかかった場合、学校保健安全法の規定により、出席停止の扱いとなります。
医師から診断を受けましたら、至急学校へ連絡をお願いいたします。
出席停止の期間および医師の指示のもとにしっかり療養し、登校後、「感染症に関わる出席停止報告書」を担任に提出して下さい。
※出席停止期間は欠席扱いにはなりません。
※平成24年4月1日付の学校保健安全法施行規則の一部改正(平成24年4月1日施行)にともなう改正箇所に下線部を引いています。


 
【感染症に関わる出席停止報告書」のダウンロード(pdfファイル)】
  ※医師の診断の元に保護者の方がご記入の上、押印・提出してください。


   伝染病の種類 出席停止の期間の基準


・ エボラ出血熱
・ クリミア・コンゴ出血熱
・ 痘そう
・ 南米出血熱
・ ペスト
・ マールブルグ病
・ ラッサ熱
・ 急性灰白髄炎(ポリオ)
・ ジフテリア
・ 重症急性呼吸器症候群
(SARSコロナウイルスに限る)
・ 鳥インフルエンザ(H5N1)
・ 治癒するまで
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃


・ インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H
5N1)を除く)
・ 百日咳
・ 麻しん(はしか)
・ 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
・ 風しん(三日はしか)
・ 水痘(水ぼうそう)
・ 咽頭結膜熱(プール熱)
・ 結核、髄膜炎菌性髄膜炎
発症後5 日を経過し、かつ解熱した後2日
(幼児は3日)
を経過するまで
・ 特有の咳が消失するまで又は5 日間の適正な
抗菌性物質製剤による治療が終了するまで

・ 解熱した後3日を経過するまで
耳下腺、愕下線又は舌下線の腫脹が発現した
後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるま

・ 発疹が消失するまで
・ すべての発疹が痂皮化するまで
・ 主要症状が消退した後2日を経過するまで
・ 症状により学校医その他の医師において感染
のおそれがないと認めるまで
【注意】
ただし、結核、髄膜炎菌性髄膜炎を除く第2種の感
染症については、病状により医師において感染のお
それがないと認めたときは、この限りではありませ
ん。


・ コレラ
・ 細菌性赤痢
・ 腸管出血性大腸菌感染症
・ 腸チフス
・ パラチフス
・ 流行性角結膜炎
・ 急性出血性結膜炎
・ その他の感染症
感染性胃腸炎、マイコプラズマ肺炎
溶連菌感染症(しょうこう熱)など
・ 症状により学校医その他の医師において感染の
おそれがないと認めるまで
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃
・ 〃
*感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第7項から第9項までに規定する
「新型インフルエンザ等感染症」、「指定感染症」及び「新感染症」は第1種の感染症とみなします。


 ▲トップへ
 
*日本スポーツ振興センターの手続きについて

学校管理下(登下校・授業中・部活動・学校行事など)で発生した災害について医療機関を受診した場合、同一の災害に対して保険診療で支払った窓口の自己負担額が総額1,500円(院外処方含む)を超えた時に日本スポーツ振興センターの災害共済給付が行えますので、該当者は田村もしくは保健室桐藤までご連絡下さい。
 申請は初診日より2年以内に行うことが条件となります。2年を超えると無効となってしまいますのでご注意ください。また、給付期間は診療開始日より10年間となっておりますので、卒業後も通院・手術を予定している場合は養護教諭にお知らせください。
 申請手続きに必要な所定の用紙をお渡ししますので、医療機関に持参し、受付窓口にて必要事項を記入して頂き、学校へ提出して下さい。 
 月に1度まとめて学校から申請を行います。給付まで3か月ほどかかります。

 該当者は、傷病発生時の顧問・授業担当・担任、心と体の健康支援グループ担当
 (2017年度は田村(哲)先生・桐藤先生)に申し出てください。


 【用紙は、独立行政法人日本スポーツ振興センターホームページからも入手できます。】

 
▲トップへ